アダルトテクニックで彼女を虜に~射精後の行動

年の差カップル成立法~恋愛から結婚まで

射精後の行動が男を上げる

後戯を制す者はセックスを制します。交接も大切ですが、それ以上に女性は行為が終わった後の時間を大切に考えるもの。年上男性の懐の深さを見せる最大のチャンスですので、しっかりと頭に入れておきましょう。

自分が終わっても相手はまだ終わらない

ひと味違った大人のセックスをしたいのであれば、行為が終わった後のケアが大切です。射精後は甘いピロートークを展開するのが一般的ではありますが、あえて性的な行為を続けてみてはいかがでしょうか?

性器を抜いた後、すぐにクンニリングスをするのは非常に効果的です。女性のオルガズムは持続するもの。男性は射精をしてしまえばそれでセックスは終わりと考えがちですが、彼女たちはまだ快楽の中にいると言えます。交接で敏感になっている性器を刺激することで、女性は何度でも達することが出来ます。男性にとってメリットはあまりありませんが、「こんなセックス今までなかった」と思わせるために、こうしたサービスはとても大切です。

徐々に相手がクールダウンしてきたら、あとは優しく抱きしめてあげましょう。彼女が自分から話しかけてくるまで、待ってあげるのがベストです。同時にフレンチなキスをしたり、頭を撫でてあげたりするのも喜ばれますね。

ピロートークを極めましょう

大人の男はセックスの感想を相手に求めてはいけません。「どうだった?」と聞くのは、彼女のことをよく見ていない証拠だからです。女性はベッドタイムの善し悪しを態度で示しますので、そのサインを見逃さないよう注意しましょう。

また、プレイがイマイチだったとしても、そのことを直接的に伝えてはいけません。言葉を選ぶことで、相手を傷つけずに次へと繋げることが出来ます。

例えば女性がプレイ中に照れてしまい、積極的になれなかったとしても「何で動いてくれないの?」と言ってはいけません。「僕の好きにさせてくれてありがとう」と言葉を変換しましょう。更に「今度は君のもっとエッチなところが見たいな」と柔らかく伝えることで、次回のプレイが変わるかも知れません。

また、相手がオルガズムに達することが出来なかったとしても「僕のせいでごめん」と謝る必要はありません。「自分はとても気持ちよかった」ということを伝えれば、彼女はそれだけで満足してくれるもの。もちろん、次回にはしっかりと快楽を味わってもらう工夫をすることは必要です。

自分だけが気持ち良いセックスを続けていては、いつか彼女はあなたに愛想をつかせてしまうでしょう。後戯ひとつでその判断は確実なものとなります。若い女性に「またこの人に抱かれたい」と思われるために、常に心がけておきましょう。