大人だから出来ること~大人の身だしなみ

年の差カップル成立法~恋愛から結婚まで

大人だからこその身だしなみ

普段着でも様になることが大人の男のアドバンテージではありますが、あまりにラフすぎるのも考え物です。ある程度身だしなみに気を遣うことで、ワンランク上のオシャレが決まります。


大人には大人のファッション

年齢を重ねた男性がおちいりがちな間違いのひとつに「若作り」があります。ある程度お年を召した女性がギャルのような格好をしていたらみなさん不自然に思いますよね?男性であってもまったく同じ事が言えます。 年相応のファッションをすることがまずは第一前提です。その中に少しの遊び心を入れることこそが、大人のオシャレと言えるでしょう。特に小物の使い方は重要です。カフスボタンにこだわってみたり、少し主張のあるスカーフなどを取り入れてみたりするのも良いでしょう。

アウトドアなどに行った際は逆に、ショートパンツにポロシャツといったラフな服装をしてみてください。ですがこのままでは若者と変わりません。ハットや時計など、大人らしさをアピール出来るグッズもプラスすることが重要です。このように、たまに若者のようなアクティブなアイデアも取り入れてみると、女性たちはそのギャップにときめいてしまうようです。

基本的に身だしなみは最も重要

いくらファッションが決まったからといっても、「清潔感」がなくては意味がありません。特に年齢を重ねた男性の場合には、ネガティブなイメージが一般化していますから、ちょっとしたことで「汚い」「くさい」と思われてしまいがち。少しハンデを背負っていると言わざるを得ません。

だからこそ細かな部分でのケアが大切です。まずは最も目につく部分として「ヒゲ」です。ダンディズムの象徴としてイメージされますが、ただはやせばよいというものではありません。しっかりと形を整えることが重要です。伸びるスピードが速い人はいつでも剃れるように、小さめのシェーバーを携帯すると良いでしょう。

次に指先の汚れについてです。女性の中には男性の「手」が好きという方も少なくありません。特に爪の間に汚れが溜まっていると、かなりの減点となりますので注意しましょう。サッカーで有名な武田修宏さんはネイルサロンに通っているのだとか。彼が女性から人気がある理由もうなずけます。

このように、ある程度のポイントさえ掴んでいれば、普段着のように見せつつも、さりげないオシャレを演出することができます。また、ファッションだけでなく、その他の部分にも気を遣うことで大人の男としての魅力をアップすることに繋がります。若い女性たちから素敵な男性と思われるよう、努力していきましょう。