年の差恋愛~とことん話を聞く

年の差カップル成立法~恋愛から結婚まで

とことん話を聞くこと

あなたが若い彼女にとって、誰よりも好きな彼氏だとすれば、女の子たちが一番望んでいることは、あなたに自分を誰よりも知ってほしいということです。もちろんそのつもりで付き合っていても、彼女はまだまだ自分を理解してくれてはいない、と考えているかもしれません。そんなときにはとことん話を聞いてあげるしかありません。

女の子は話を聞いてほしいもの

女の子は、というか年齢を重ねた女性でも、女は話をたくさん聞いてほしいもの。あなたのお母さんやおばあちゃんだって、お茶の間にいればこちらが聞いていようといなかろうと、やたらと話をべらべらしてくるはずです。どの世代でもそうなんですね。

特別な人だから話せることもある

話し好きなのは女性の性ではありますが、相手がだれでも良いというわけではありません。本当に大切に思える相手だからこそ、自分の本音を吐露してくれているのです。デートのときに「ねえちょっと聞いてよ、昨日会社でさあ!」なんて言ってきたら、そのときに何をしていようと、必ずじっくり話し相手になって聞いてあげましょう。

あなたに会うまで、彼女は自分の中で言いたいことをためにためこんできています。ここで「うるさいなあ、あとにしてよ」なんて邪険にしてしまっては、むくれてしまい、その日のデートは一日台無しになるかもしれませんよ。

もちろんこちらも色々な話題を用意して会いに来ているわけですし、こんなことを話したら喜んでくれるかな?なんて考えていることもありますから、自分の話ばかりをされているとだんだんストレスがたまってきますよね。

それでもいつかしゃべり疲れてしまうのを待つくらいの気持ちですべてを受け入れてあげましょう。しかも受け流すような態度は厳禁です。「ちょっと、今話聞いてた?ちゃんと聞いてよ!!」なんて激怒されてしまいますよ。

デートのときだけではなく、LINEやメールでも何か聞いてほしいことがありそうなときは「どうしたの?」と送ってあげてください。安心してあなたにすべてを話してくれるはずです。どうしても話したくて仕方のない女性の心の中身を全部出してくれるのは、あなたを心から信頼し、身を委ねているからにほかなりません。まして年の差がある場合は当然こちらに甘えてくるわけですから、大人の包容力を存分に発揮しなければいけません。

男性らしく、そして年上の人間らしく優しく相槌をうちつつ、話を聞いてあげましょう。そうすれば「やっぱりあなたが一番私をわかってくれる!」とまた株があがること間違いなしです。