嘘も方便~過去を偽ることも必要

年の差カップル成立法~恋愛から結婚まで

嘘も方便!?

付き合い出したときに、「お互い絶対に嘘をつくのだけはやめよう」なんていったことがありませんか?しかし嘘をつかずに生きて行けるなんてそうそうありません。年の差がある分、年下の女性からしてみれば男性の人生を色々聴きたいと思うかもしれません。しかしなんでも正直に答える必要はありません。ときには嘘も方便ということもあります。

過去を偽ることも必要

女性が一番気にするのは、男性のこれまでの女性遍歴です。付き合う前に話していた女性との付き合いや浮気話を後あとまでひきずることもあります。「付き合う前にあんなことやこんなことを言ってたよ!?」なんて言われても、しらをきりましょう。

浮気されるんじゃないかという心配がある?

女性からすると、もしかして過去にも付き合ってきた女性と別れた原因は、女グセの悪さだったりするのではないか?と疑心暗鬼になっている場合もあるようです。これまで付き合った女性はたくさんいても嫌だし、かといって長い時間付き合っていた女性がいるのも、深い仲を連想させてヤキモチになってしまいます。

女性の心配というのは、今付き合っていることももちろんですが、将来的に結婚したとしてどうしても浮気されてしまうのでは?ということです。過去の女性との付き合い方や、30代や40代、50代になっても結婚していない相手となると、もしかしてとんでもない隠しごとをしているのでは?などと想像してしまうこともあるようです。

しかしだからといって、女性になんでもかんでも打ち明ける必要はありません。例えば過去に離婚している場合は、離婚の事実は隠しようがありませんから、話をするのは良いとして、その原因についてはあまり細かく話す必要はないでしょう。

人間誰しも言いたくないことはあります。例えば自分の浮気が原因で離婚に至ったという人がいるとして、そのことは敢えて交際相手に伝えたり話したりすることはありませんよね。相手が知ったら余計な心配をしてしまうようなことや、不快に思うようなことはあえて言わずに、適当な嘘をつくことも優しさのひとつと考えましょう。

何もやましいことがない人間なんてこの世にはいません。ただ、相手が知ると不幸になりかねない場合を除いて、正直に話をして、出来る限り同じ想いを共有するようにしてほしいと思います。今付き合っている関係を大事にして、結婚することになったらそこからまた真剣に考えれば良いことだと思います。結婚してからも色々なことがありますから、ささいなことでは「嘘も方便」と考えておきましょう。