新しい物事を柔軟に受け入れる姿勢こそが若さを保つ

年の差カップル成立法~恋愛から結婚まで

新しいものを受け入れることこそ若さの秘訣

年の差恋愛を望むのなら、自分自身が若々しくあることは必要不可欠です。
若者のようになる必要はありませんが、すっかり年老いて枯れ果ててしまった男を好んで相手したい女の子はそう多くはないでしょう。歳を重ねて手に入れた落ち着きと、活動的に生きられる若さを両立しているからこそ中高年の男は魅力的なのです。

しかし、貫禄と若々しさを両立させるのはとても大変。特に若々しさは工夫をこらさないと年々失われていく一方で、一度なくしてしまうと取り戻すのは困難でしょう。
では、魅力的な中高年として若さを保つためにはどうすればよいのでしょうか?

「自分はもう年寄りだから……」は老ける原因

自分はもう結構な歳だからと諦めてしまうと、その時点で心にメリハリがなくなってしまいます。そうなると心に諦め癖がついてしまい、色んなことに取り組もうとする気力が萎えてしまうでしょう。
この状態は非常に危険です。意欲を失ってしまうと心も体も動きが鈍くなってしまいます。すると身動きを取るのも次第におっくうになっていき、ダレきった生活は肥満などの生活習慣病を引き起こし、さらには刺激のない生活は更年期障害などの老いを加速させていきます。
何かをしようと思った時に、「でも自分はもうだいぶ年だから」と諦めてはいけません。若者に比べるとハードルは高いかもしれませんが、中高年にだってできることはたくさんあります。何かに挑戦しようとする意志こそが老いを遠ざけ、自分を若々しく保ってくれるのです。

新しい物事は手を出しにくい! しかし……

世の中は驚異的な速度で発展と進歩を続けています。毎年のように新しい何かが発表され、10年もたてば生活様式はガラリと変わる。それが現在の世界です。デジタル機器の進化を考えれば、進歩のスピードがどれほど凄まじいものか実感することができるでしょう。

そんな目まぐるしい変化に困ってしまうのは中高年です。歳を取ると、脳は少しずつ新しい物事を受け入れにくくなってしまいます。若いうちは新しいガジェットに飛びついていたのに、年齢を重ねたら興味がなくなった、という方は少なくないでしょう。
たとえばデジタル機器などで、発表された新しいものに対して否定から入ってはいませんか? 「そんなものは必要ない、今までのやり方で十分だ」などと考えてはいませんか?

その思考は、歳を取って考え方が古臭くガンコなものになってしまっているサイン。そういった考え方を長く続けてしまうと、いわゆる「ガンコジジイ」と成り果ててしまうでしょう。

ただ否定するのではなく理由を考えてみることが、若さへの第一歩

新しい何かが出てきた時、頭ごなしに否定するのはやめましょう。

しかし新しいものへの嫌悪感を簡単にぬぐうことはできません。ではどうすれば良いのかと言いますと、なぜそのようなものが出てきたのかを冷静に考えてみることが大切です。
理由なく新しいものが作られることはありません。何かの役に立つからこそ手間をかけてソレは作られたはずなのです。その理由に思いを馳せれば、きっと嫌悪感をやわらげることができるでしょう。

こうやって新しいものについてしっかりと考えて受け入れていくと、脳は活発に動き、思考や感性の若々しさを保つことができます。
そして思考が若々しくなると、それにつられて体や外見も若々しくなっていくもの。そういった姿こそ、本当に魅力的な中高年と言えるものなのです。