ツイッターでは短いながらもセンスある言葉が必要

年の差カップル成立法~恋愛から結婚まで

ツイッターでは言葉のセンスがカギ

10代から20代の若い世代を中心に、流行や話題の発信源になったりトラブルのもと、問題提起のきっかけとしても使われるツイッター。文字制限があることから、短い文のなかでいかにシンプルに伝えられるかがカギとなります。言葉のセンスや表現の仕方も重要で、センスよく表現できる男性はツイッター上では羨望の的。ぜひ言葉のセンスを磨いてみましょう。

フォロワーの多さも魅力のひとつ

ツイッターではフォロワーがどのくらいの数いるかも、女性ウケするかどうかの判断材料になります。フォロワーがたくさんいればそれだけ女性からの反応もよくなっていくため、ある程度フォロワーは増やしておきたいもの。

ではフォロワーはどうやったら増えるのか。これは正直なところ、一朝一夕では難しい部分があります。方法としてはセンスのある秀逸なツイートを量産するか、ペットのかわいい仕草やおもしろい動画などを載せ、フォロワー数を稼ぐ。さらに地道にほかのユーザーと交流し、仲良くなることでフォロワーを増やしていくといったもの。どれも1日や2日で一気にフォロワーが増えるわけではないので、気長に利用していかなければなりませんね。

ただコンスタントにツイートしたり、気になるユーザーにコメントを残すなどしていれば次第に交流は広がっていきます。そうした使い方が本来のツイッターの姿でもありますので、最初のうちはそのようにしてフォロワー数を稼ぎつつ、女性との交友を深めていきましょう。交友の幅が広がっていけば、自然と女性と知り合う機会も増えてくるはずです。

言葉のセンスを磨くなら、語彙を増やせ

そしてツイッターで仲良くなるには不可欠である、言葉のセンスはどう磨けばいいのか。やはり、知識や教養を身につけると同時に語彙を増やす努力をしましょう。言葉のセンスは、どれだけ多くの言葉を知っているかにも影響してきます。同じ気持ちや風景を表現するのにも、言葉を多く知っている人の方がより的確に表現できますね。若い人にはあまりなじみのないような言い回しもぜひ身につけておいてください。

ツイッターは利用者の年齢層が比較的低いSNSです。多くが10代から20代なので、若者があまり使わないような言葉は逆に新鮮にうつるよう。もちろん多くの著名人もアカウントを持っており、難しい言葉で持論を展開したりもしているので、使いすぎは禁物ですが。それでも時々出る、耳慣れないフレーズは若い世代にとってはおもしろいもの、としてうつる一方で大人を感じさせるものとなるはず。交流するきっかけにもなりますので、ぜひ読書をするなどして教養を深めてください。

ツイッターは若い世代が多く利用していることから、ネット上では「バカッター」と揶揄されることもあります。そのくらい善悪の区別がついていない世代が多く利用しているともいえるのです。確かにツイッターがニュースなどで取り上げられるきっかけとなったのは、アイスケースに入る様子をうつした画像がアップされたことでした。それがマナー違反だとして、大きな問題となりましたね。しかし一方でひとつのツイートによって世の中が動いたり、新たな流行を生み出したりもしました。そのためツイッターのなかの世界は、中年世代にとってはある意味未知の世界かもしれません。理解できないつぶやきを目にすることも多いでしょう。ただそれもひとつの世界ですので、先入観なく足を踏み入れてみるのもおもしろいです。そしてそんな未知のものがあふれているなかでも輝くようなセンスのある言葉を発信できれば、新たな魅力を手に入れられることでしょう。