温故知新~自分の記憶と知識を彼女との関係にうまく役立てましょう

年の差カップル成立法~恋愛から結婚まで

温故知新で楽しませよう

自分が知っていてあたりまえだと思っていることでも、若い彼女は知らないことが多いかもしれません。昔のことって、若い子にしてみれば意外と新鮮なのかもしれません。 「温故知新」なんていう言葉を出したら、年下の彼女に馬鹿にされる?いえいえ、むしろ知的だなって尊敬されるかもしれませんよ?

相手にとっては知らないことは新鮮です

若い子にとってみれば、自分が知らないことは未来のことでも過去のことでも新鮮さという意味では一緒ではないでしょうか?そしてその新鮮さを面白おかしく教えてくれる男性には一目おいてくれるはずです。

例えばテレビの番組ひとつとってみても、「長寿番組の笑っていいとも!が終わっちゃったけど、その前は「笑ってる場合ですよ!」って番組だったんだよ」なんてことを教えてあげると「そうなんだ!?」と関心を持ってくれるはず。そして漫才ブームなど昔のお笑いを見せてあげればもしかしたら「何コレ!?今のお笑いより面白いんですけど!?」なんて言い出してくれるかもしれません。何がツボにハマるかわかりませんからね。

街を歩いていても「以前はここにはお店じゃなくて、○○があったんだよ」などと教えてあげると「へぇ~!」と面白がってくれることもあります。おじさんならではの昔話を良い方向で使えればこちらのもの。

温故知新でセックスに持ち込む!?

あげくに、温故知新を言い訳に無理矢理昔の体位なんていう話に結び付けて強引にベッドに移動してみても面白いかもしれません。「こんな体位あったなんて!」と彼女が思いのほか喜んでくれる可能性もありますよ。

しかしそんなときにせっかく明るく体位の話で盛り上がっていながら自分がEDぎみなんていうことになったら、目も当てられません。そんなことになる前に手をうって、事前にバイアグラを飲んでおきましょう。バイアグラを使用したことがない方は、ネットなどでED治療薬を処方してくれる専門のクリニックを探しておきましょう。簡単に安全に手に入れることができるので安心です。

「温故知新」という言葉が示す通り、昔を懐かしむことで新しいものを感じることができるかもしれません。それは若い子にとって何かを生み出す良いきっかけになるかもしれません。ただ昔を懐かしんでいるだけではなくて、若い世代に伝える役割を担っていると考えればただのおじさんの昔話とは思われないでしょう。

自分の記憶と知識を彼女との関係にうまく役立てましょう。そうすればより尊敬もされ、より一層彼女との仲が深くなるはずです。