精子も歳をとるのか?~年齢ゆえの弱点

年の差カップル成立法~恋愛から結婚まで

年齢ゆえの弱点

男性は生涯、生殖機能を維持し続けることが可能だそう。「精子も歳をとるのか?」と不安になっている方は胸をなで下ろして頂いて結構です。とはいえ、挿入が出来なければ妊娠はありえません。せっかくの元気な精子を活かすためにも、自分の性器には気を遣うべきでしょう。

精子の能力は衰えない

女性は年齢を重ねるごとに、どうしても妊娠の可能性が低くなっていってしまいます。このイメージから、男性も同じように歳をとると精子がうまく機能しないのではないか?と思ってしまう方も多いのではないでしょうか?実際には、男性の精子は歳をとったからといって能力が著しく低下することはないとのことです。

多くの女性は、将来的には家庭を持ちたいと考えているはずです。パートナーの体の問題でそれが叶わないとなれば、どうしても次の一歩を踏み出せなくなるでしょう。相手の女性がこのことを心配しているのなら、事実を伝え安心させてあげることが必要です。

勃起がなくてはセックスはできない

とは言え、勃起が出来なければ射精どころではありません。挿入そのものが困難になりますから、子作りは不可能になってしまします。原因はさまざまですが、男性器の勃起能力は年齢と共に右肩下がりとなる場合が多いようです。

こうした症状に見舞われた場合には、やはり専門のクリニックを受診するのが最も確実でしょう。バイアグラなどのED治療薬を処方してもらうことで、悩みが解決した事例は多くあります。諦める前に、まずは診察を受けてみましょう。

豊かな性生活を送るためには

もちろん、勃起をしたとしても行為自体が満足のいくものでなくては子供どころか夫婦関係に危機が及ぶとも言えるでしょう。セックスはある意味スポーツのようなものです。かなり激しい運動となるので、普段から体力をつけておく必要があります。

適度な運動はスマートな体型を維持するのに効果的です。せっかく若い女性と結婚出来たとしても、あなた自信が醜い姿になってしまってはいつ逃げられるかわかりませんからね。規則正しい生活と、バランスのとれた食生活も併せて注意しましょう。

妊娠は女性にとって人生の目標のひとつでもあります。パートナーが年上だと不安になってしまう方も多いでしょう。しかし実際には、精子の機能は年齢と無関係です。年の差婚をしたカップルでも、子作りに励むことは十分可能でしょう。大切なのは男性側の体力や体調。そのために健康的な生活を送ることは最も重要です。もし勃起宇不全になってしまったとしても、適切な治療Tをうければ改善は望めます。互いが描く将来に近づくために、真剣に考えておきましょう。